勝浦でリモートワーク

小太りサーファーの師匠

小太りサーファーの師匠

今日は私、小太りおやじ初心者サーファーの師匠、高貫佑麻についてご紹介したいと思います。

私は初心者サーファーなので、サーフィン界隈の事情は良く知りません。
ですが、勝浦市の市役所の方とおはなしした際に、「佑麻くんに教えてもらってるの!?」とびっくりされていたり、ちょいちょい師匠から聞くはなしから「結構スゴイのか?」とは思ってました。

世の中的に有名なプロサーファーなのかもしれませんが、私が師匠と一緒にサーフィンしていて感じること、一番尊敬できる点は「本当にサーフィンが好き」そして「海が好き」なところです。
わざわざ小太りおやじの指導をしてくれるのも、サーフィンにかかわろうとしている人を応援したい、サーフィンをもっと好きになってもらいたいということなのかと思いますし、上達がままならない私に対しても優しく教えてくれます。

高貫佑麻のWEBサイト

で、師匠佑麻についてググるといろいろと出てきます。やっぱスゲー。

ググった高貫佑麻のプロフィールはこんな感じです。
千葉県御宿町(勝浦のとなり町)育ちで、9歳からサーフィンを始め、ジュニア時代
に全日本選手権を制覇、19歳でプロになったとのことです。(現在29歳)25歳ころに大会に参加するのを辞めて、フリーサーファーとして様々なボードにのり、サーフィンの奥深さを表現しているとのことです。
現在は旅人であり、モノづくりや写真、環境問題、ビッグウェーブなど多岐にわたり取り組んでいるようです。
目指すはWaterMan。現在は自称WaterBaby。

ググると映画っぽい映像もでてきます。
サーフドキュメンタリー『スマトラ島-自由をもとめたサーファーの旅』
https://original.yahoo.co.jp/collection/movie/masatakakiyono/3.html
また、ビックウェーブ特にチューブに対しての熱き思いがあるとのことで、こんな記事を見つけました。
記事を見るとすんごいデカイ波にのってる師匠を確認できます。スゴイ!

INTERSTYLE MAGAZIN
https://www.interstyle.jp/news/column_detail.php?id=50

9月からカリフォルニアに行ってしまう師匠ですが、実は彼女もスゲーサーファーらしく、ロングボード女子でTOPな選手らしい。
今回は彼女の大会サポートも兼ねてカリフォルニアへ行くようです。
寂しい。

そんなスーパーな方を師匠にチャレンジできていることが申し訳なくもあり、とても幸せでもあり、引き続き頑張っていきたいです。

勝浦スポットカテゴリの最新記事